さきんブログ

あっさい銀プレがしょーもない考察書いてる

Move on now! とは誰への歌なのか考察 (アイカツ!のネタバレを含みます)

Move on now! という曲はコンテンツ「アイカツ!」に登場する曲。

初期の強キャラでありその後も強キャラであり続けることになる神崎美月という人物が最初に歌う曲である。そして、この曲に感化された普通の女の子星宮いちごという少女はアイドルの道を歩みだすことになる。後半のややネタバレになるが、北海道の元農家のアイドル、白樺リサ氏もこのMove on now!を歌うことになる。筆者はアイカツ!はいちおう178話を一周のみ履修済みです。

 

以下歌詞を置きます。

 

強気に Move ハートに Kiss このまま未来も変えれそう 夢みる自分で恋したい だってわたしがわたしのヒロイン ドキドキしてる とまらない 明日へ Move on now! 恋してる (美月)急成長するわたし、ちゃんと見ていて 振り向かせたい トキメキのサプライズ

気まぐれじゃない あついオモイはじまってるの 近づきたいよ トクベツな女の子になろう

ドキドキしてる (美月)運命に片思い とまらない (美月)わたしだけのストーリー いつだって (美月)あこがれを現実にできるのは 信じるチカラ キラキラしてる (美月)輝きに飛び込もう 手に入れて (美月)なりたいわたしがいる 正直に (美月)はしゃぐココロで追い越していくよ 駆け出して今 ドキドキしてる とまらない 明日へ Move on now! 恋してる

(美月)急接近する チャンスは突然なの 戸惑うけれど 躊躇わない約束

あたまの中で くり返してたシミュレイション 大丈夫だよ すべてはこの瞬間のため さあ 扉の向こうへ 勇気を出して わたしが行くべきステージ 眩しい光があつまる 胸が踊るの そこにしかない夢に Move on now...

ドキドキしてる とまらない 走ってく (美月)今すぐにたどりつくから ドキドキしてる (美月)運命に片思い とまらない (美月)わたしだけのストーリー いつだって (美月)あこがれを現実にできるのは 信じるチカラ キラキラしてる (美月)輝きに飛び込もう 手に入れて (美月)なりたいわたしがいる 正直に (美月)はしゃぐココロで追い越していくよ 駆け出して今

ドキドキしてる (美月)キセキに Wink 見つめて Touch ここから全部がはじまる とまらない (美月)感じてつなげてステップ UP もっと感動したいよエブリデイ いつだって (美月)強気に Move ハートに Kiss このまま未来も変えれそう 運命を振り向かせたい 明日へMove on now!

 

なんだか、大きなリスクも抱える事を実現しようか迷っている人の背中を押す歌詞のように見えたんですよね。簡潔に言うと、「あなたのあこがれる〇〇になりたいならまず行動してみよう、心の思うままに動こう、信じる力を持とう、そうすれば未来が変わっていくよ。」みたいな感じ。だとすると、すでにトップアイドルとして成立している神崎が自分の何かしらをを表現する歌とは少し違うと思いました。

自分の歌には、自分の過去から現在の境遇、心境などを語るものだと思っています。

だとすると、やはり1話でこれを星宮いちごが見てアイドルへの道を決意するあたり、この歌詞は普通の中学生の女の子のいちごが聞いてアイドルの道を目指すきっかけとなるための歌詞なのか?

これだと、納得できる点がもう一つできる。白樺リサはMove on now!を歌うことをあこがれにしていて、終盤に実現。白樺リサも歌うのが当初から好きで、でもアイドルへの道はSL学園にかかわる前は全然考えてなくて、、、ルミナスに出会いアイドルを身近に感じ、アイドルになってから白樺リサがその意味を再考して自分の境遇にあてはまる、というストーリー(私の仮説ですが)はつじつまが合う。

 

ならなぜ、神崎はこれを歌ったのか?

思い浮かんだ説

大スター宮いちごまつりで言ったようにトップの座を誰かに奪われたくて、その誰かを発掘したかったから(そしてその結果にいちごはこたえた)

これは結果的には納得がいく。スターアニスでも、アイカツの先を考えるようにいちごに説いているし、神崎は常にアイカツの未来を考えていたことからも説得力が生まれる。